カウンセリング・心理療法

カウンセリングや心理療法は、問題解決や症状軽減のためのサポートです。

基本的にはお話をするだけで、問題解決や症状の軽減が可能です。

 

訓練を受けた臨床心理士は専門的な「傾聴(話の聴き方)」をします。

専門的な傾聴により、悩みのある方は心が整理され、客観的思考を取り戻します。

 

問題となるエピソードや過去の記憶を自分の言葉で話すことが大切です。

カウンセリングや心理療法で語られたエピソードや記憶は、

相談者さんの中で新たな意味を持ち、未来へ進むチカラとなります。

 

問題解決のため、症状軽減のために、少しだけいっしょにがんばってみませんか。

 

カウンセリングや心理療法は次のような方に特に効果があります。

■自分を見つめなおしたい方

■心因性の症状(頭痛、腹痛、肩こり等)に悩んでいる方

■漠然とした不安感に悩まされている方

■親子関係や家族関係に問題があると感じている方

■恋愛や結婚に悩みがある方

■より良い人間関係を築きたい方

■論理的に物事を考えるのが好きな方

■繊細で芸術的な感性を持っている方

 

 

えむ心理研究室・カウンセリング・コーチングブログにさまざまなモデルケースやコラムを掲載しております。

どうぞご覧ください。