大学・大学院の学生さんの学習支援

大学生・大学院生になってから、自分の専門に合った家庭教師を探すのは、

意外と難しいと言われています。

 

大学生・院生までを対象としている家庭教師や講師が少ないのが一因です。

 

また、

大学生さんおよび大学院生さんで家庭教師を求める方は、発達の特性をお持ちな場合やコミュニケーションが苦手な方が比較的多く、そのようなご性質をお持ちの方に対応可能な教師・講師が少ないのが現状です。

 

えむ心理研究室の「家庭教師カウンセラー」は、

これまで多種多様な学生さんの学習支援と心理相談をしてまいりました。

 

生徒さんのニーズにできるだけ沿うようにさせて頂きつつ、学校の教育方針や親御さんのご意見等も伺い、かつ当方が適切と判断させて頂いた指導方法を提案し、都度相談しながら授業を進めてまいります。

 

また、オンラインでの授業もご利用いただけます。

東京・埼玉から遠方にお住まいの方もどうぞお気軽にお申込みください。

 

*オンライン授業は、保護者の方の許可を得ていない方や症状等がオンライン授業に適用できないと当方が判断した方等にはご利用頂けないことがございます。ご了承ください。

 

 

レポート作成 学習支援

【授業内容】

・レポート作成に必要な知識を得るための学習支援

・レポートの章・節などの構成指導

・レポート作成のためのコーチング

 (ブレイン・ストーミング等)

・基本的な文章の書き方の指導

・心理学実験など専門的なレポートの学習支援

 

【指導可能科目】

心理学 社会学 文化人類学 文学 歴史学 国際関係学 福祉 英語

臨床心理学 発達心理学 学習心理学 社会心理学 心理学研究法・実験法

 ※その他の科目をご希望の場合は一度お問い合わせください。

  文系・理系問わず内容によってご指導可能なこともございます。

   →えむ心理研究室 お問い合わせフォーム

 

 

定期テスト対策

【授業内容】

・大学・大学院の定期テストのための学習支援

・大学の授業だけでは理解が困難な科目のサポート

・小論文系の定期テストのための文章構成指導

・小論文系の定期テストのためのコーチング

 (ブレイン・ストーミング等)

 

【指導可能科目】

上記の「レポート作成 学習支援」と同様です。

 ※その他の科目をご希望の場合は一度お問い合わせください。

  文系・理系問わず内容によってご指導可能なこともございます。

   →えむ心理研究室 お問い合わせフォーム

 

 

大学生・大学院生の学習支援のお約束と注意事項】

 

レポートやテストを指導・審査してくださるのは所属ゼミの教授や各授業担当の教授です。

 

えむ心理研究室では、レポートやテスト対策のサポートをご希望の学生さんには、初回面談時に(必要に応じて継続しての面談になったあとも)学校での授業内容や先生の対応などを丁寧にお聞きします。

 

各先生がたの支障となるような授業やアドバイスを決してしないためです。

 

大学や大学院は基本的に自分で考え、その考えをまとめる力をつけ、発表する力を養う場所です。

大学院に関してはさらに、研究者としての自覚を持ってもらうための場所とも言えるでしょう。

 

えむ心理研究室の家庭教師カウンセラーも、簡単に答えをお教えすることはありません。

生徒様の個性に合わせつつ、できることはしっかりご自身で取り組んでもらいます。

 

大学や大学院を出た後に、社会人として自立した生活を送れるよう、また研究者として自立していけるよう、サポートさせて頂く…というのが、えむ心理研究室の基本的な考え方です。

 

授業回数・授業内容に関してご希望に沿えるかどうかは初回面談にてご相談のうえ決定致します。

「大学の先生には質問しづらいから」

「大学の先生に『もっと教えてください』とは言いづらいから」

といった理由での学習支援は致しかねます。

ご了承ください。