生徒様・相談者様 受付中のコース一覧

 

現在、以下の授業・相談を承っております。 

いずれも新規様の募集状況は1〜2名です。

 

 

【直接対面コース】

  • 発達障害グレーゾーンの方の学習支援
  • 発達の特性を活かした学校の補習・宿題&定期テストサポート
  • 基礎学力強化のための学習支援&心理相談
  • 中高一貫校の生徒様の学習支援&心理相談(学校生活・友達関係等)
  • 院試 研究計画書・志望事由書 添削&アドバイス
  • 院試 過去問ピンポイント指導&アドバイス
  • 統計処理終了後の論文コンサルティング(論展開・考察部分など)
  • 大学生さんの院試対策(英語指導・卒論相談含む)
  • 発達上の特性を持つ大学生さんの学習支援および心理相談
  • 学術・調査分野の社会人さんの論文およびレポートのコンサルティング
  • 転職・独立・起業支援
  • 復職支援・転職支援
  • 職場の人間関係改善カウンセリング
  • 短期集中コース

 

 

【定期オンライン相談コース】

  • 不登校支援(親コンサルティング・親子カウンセリング)
  • ひきこもり支援(親コンサルティング・親子カウンセリング)
  • お子さんとの関わり方相談(親コンサルティング)
  • 家族相談
  • 進路相談・教育相談
  • 復職支援(精神分析的リワーク)
  • 転職・独立・起業支援

 

 

【法人・団体向けコース】

  • 各種法人様および各種団体様の心理・教育・コミュニケーション関連の研修会等への協力(企画・運営・当日のレクチャー等)
  • 心理・教育・コミュニケーション関連の各種取材協力・提案等

 

 

下記の補足事項もご覧くださいませ。

 

 

 

新規ご予約受付中のコースについて(補足事項)

 

*直接対面はいずれのコースも基本的には、保護者様とのカウンセリング・コンサルティング・生活相談を含みます。

  •  大学生さんまでの学習支援の場合は保護者様2名以上(ご両親・ご親族等)の定期的なカウンセリング・コンサルティングが必須です。保護者様がご遠方にお住まいの場合は都度相談させて頂きます。
  •  20歳以上の方のカウンセリング・コーチングの場合はご事情に応じて保護者様1〜2名、配偶者様とご親族1〜2名、との定期的な面談をさせて頂きます。
  • 社会人さんの論文コンサルに関しましてはマンツーマンで対応可能です。精神的な疾患をお持ちの方など、より安心安全にコンサルを進めるために必要と思われた場合は保護者様との面談を提案させて頂きます。

 

保護者様や配偶者様との定期的な面談は、生徒様・相談者様の生活環境を整え、学習支援や相談を円滑にかつ効果的に進めるためのものです。どうぞご了承ください。

 

*直接対面の授業・相談の頻度や内容は初回面談において相談のうえご検討および決定させて頂きます。頻度や内容の調整ご希望・調整の必要などは都度お互いに申し出つつ相談・調整可能です。

 

*不登校支援・ひきこもり支援に関する定期オンライン相談について詳しくはこちら↓をご覧ください。

 えむ心理研究室 定期オンライン相談(不登校支援等)

 

*家族カウンセリング・親子カウンセリング・夫婦カウンセリング(カップルカウンセリング)・親御さんコンサルティングの定期オンライン相談について詳しくはこちら↓をご覧ください。

 えむ心理研究室の定期オンライン家族相談

 

*転職・独立・起業支援の定期オンライン相談について詳しくはこちら↓をご覧ください。

 えむ心理研究室の転職・独立・起業支援

 (上記ページの中程から定期オンライン相談についてのご案内をしております)

 

*お申し込み前にこちら↓をご確認ください。

 えむ心理研究室 学習支援と心理相談のお約束および注意事項

 

*予約状況や面談のご希望時間帯によっては初回面談が1〜6ヶ月先になることがございます。恐れ入りますが何卒ご了承くださいませ。

 

*お申し込みのタイミングや訪問場所によっては上記コースに該当する方でも指導・相談の開始が困難なこともあります。恐れ入りますが何卒ご了承くださいませ。

 

 

上記コースに該当しなかった皆様、

お役に立てず大変申し訳ございません。

 

予約状況や新規お申し込みの集中度合い、当方の研究など諸活動と鑑みて、当方が心理と教育の専門家として責任持って生徒様・相談者様のサポートをさせて頂くために、状況に応じてコースを限定させて頂いております。

ご了承頂ければ光栄です。

 

いくつか他機関の相談窓口をご紹介致します。

  • 通学中の学校の保健室の先生・看護師さん・校医さんおよびスクールカウンセラーさん
  • 自治体の児童相談所および教育相談機関(各自治体の総合窓口に問い合わせると連絡先を教えてもらえます)
  • 日本臨床心理士会・電話相談事業(電話相談でどんな機関に相談したらいいか助言をもらえる可能性が高いです)